私の経験

私は、3歳の時から音楽教室に通い始めた、音楽が好きな女の子でした。
ところが、小学5年生の時に出会った先生のおかげで音楽に対する考え方が大きく変わりました。
音楽は大好きだけど、テクニックはもう少しの私。根底から考え方やテクニックを学ばなければなりませんでした。
とても大変な日々でしたが、先生の奏でる音楽が大好きだった私は、先生のようになりたい一心で頑張りました。
そして中学生になり、部活に入るのはやめなさい、と言われておりましたが、音楽に進む事をまだ考えていなかった私は吹奏楽部に入部してしまいました。
そこで、音楽が大好きな情熱のある先生に出会いました。
音楽を楽しむ事、アンサンブルの楽しさを教わりました。“素敵な演奏をしよう”という先生の言葉は衝撃でした。
ピアノレッスンでは先生の音楽に対する真摯な向き合い方を、部活では音楽を楽しむ為の意欲を学んだ私は桐朋女子高等学校へ進学しました。
高校、大学ではピアノだけでなく、フルートも副科で続け、室内楽やオーケストラにも参加しました。
大学では、声楽の伴奏に没頭しました。全ての経験が今の私の糧になっております。
無駄な事は一つもありません。ピアノを使い、いろいろな世界観を表現できたらという追求は今でも変わりません。
やりたい事をやり、伝えたいを伝える、その為の努力はし続ける。私の信念です。そして、全ての出会い、全ての経験に感謝しております。

髙田康子

東京都中央区と栃木県宇都宮市のソルフェージュ・ピアノ教室